インターピアについて

インターピアは建築設計集団として、卓越した設計技術力とデザイン力を駆使し、設立以来数多くの建築設計に携わってきました。現在では、こうした中で培ってきたノウハウとネットワークを活かし、建築のトータルプロデュースを中心に活動を展開しています。

事業化を成功させるため、マーケティング調査、事業コンセプトや施設コンセプトの立案、事業計画・設計監理にいたるまで、総合的にプロデュースします。今後も医療・福祉・商業など多彩な分野に広がるブレーンネットワークを活用しながら、社会のニーズに応えた建築物を提案してゆきます。

社名 株式会社 インターピア
設立 1990年4月
資本金 1000万円
所在地 〒171-0031 
東京都豊島区目白3丁目12−30
コスメル目白2F

連絡先詳細

代表 代表取締役 片岡 信之
登録 一級建築士事務所登録 [東京都知事  第31904号]
宅地建物取引業登録  [東京都知事 (6) 第59063号]
インターピアの施設設計・監理
  1. 機能重視の設計です。現場からフィードバックされた改善点の蓄積等により、医療福祉関連の施設つくりのノウハウに自信があります。利用者にとって、またフタッフにとって利用しやすい建物とは何かを提案します。また、経営を考慮した計画を提案します。
  2. スタッフとの意見交換を重視し、設計に反映させてゆきます。スタッフが施設計画に参加することによって、帰属意識を高め、「手作りの施設」を目指します。
  3. 建設コスト、ランニングコスト、ライフサイクルコストの全てを考慮して、省エネの建築物の設計を行います。

 EX.福祉施設の場合

 基礎調査、事業計画から設計監理までトータル的にサポートします。

工事監理

ページ上段へ
連絡先 | プライバシーポリシー